「訪問介護」を動画を使って学習しましょう


トップ > 福祉サービス > 訪問介護

1.INPUT LEVEL「訪問介護」を9割学習

訪問介護、ホームヘルプサービスです。
在宅生活での基礎的なサービスであり、
より高い資質が求められます。
訪問介護とは、要介護者等が可能な限りその居宅において、
その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、
入浴、排泄、食事の介護その他日常生活上の世話を行うものです。


【目的】
生活の自立性の拡大を図る。
QOL (生活の質)の向上などがあげられます。
あくまでもできない部分をカバーするといった考え方ですね。


【内容】
身体介護 :食事・排泄・入浴など。
また、特段の専門的配慮を持って行う調理(流動食など)は
身体介護に入ります。
体温測定・水銀系を除く血圧測定なども身体介護に含まれます。
(医療行為ではない。)
生活援助 :掃除・洗濯など


【人員基準】
事業所に2.5人の訪問介護員が必要。
うち1名は常勤の サービス提供責任者
(介護福祉士・ホームヘルパー1級など)でなければならない。


【運営基準】
サービス提供責任者は、訪問介護計画を作成する。
「説明」「同意」「交付」
サービス提供責任者はヘルパーの指導を行う。
サービス担当者会議で利用者の個人情報を使用する場合は、
利用者の、また家族の個人情報を使用する場合は、
家族の同意をあらかじめ文書によりとる必要がある。


【介護予防訪問介護】
介護予防訪問介護は、定額制が導入されているため、
自立支援に向けたより効率的なサービスが提供される必要がある。
介護予防訪問介護事業者は、1ヶ月に1回以上、
介護予防サービス計画を作成した事業所に報告する。
介護予防訪問介護事業者は、
提供期間終了までに1回以上モニタリングを実施する。

実際に馬淵講師が教室で行っている大好評のケアマネ講義を、 DVD(14枚セット:42,000円)で購入する事ができます。
ケアマネージャーDVD講座の詳細はこちら
また馬淵講師が基礎から応用まで個別指導をします。 個別コースならではの集中できる授業を是非体感し、合格、そしてケアマネジャーになりましょう!
ケアマネージャー家庭教師の詳細はこちら

2.OUTPUT LEVEL「訪問介護」の問題で8割得点

さて、知識をインプットしただけで安心していてはダメですよ! またサブノートを作るのもあまりお勧めしません。

今すぐ勇気をもって問題を解いてみましょう! 「自分にはまだ自信がない!」なんて考えると、試験直前になっても問題を解かないままで終わってしまいますよ!

実際に問題を解くことで、「こんな問題ができるんだ!」「ここは曖昧だったから見直しておこう!」 って考えることができるんです。

ケアマネージャー試験の過去問題をPCやスマートフォン、携帯から学習する事ができます。 5250円で試験当日まで何度でも学習できる福岡お勧めのサービスです。
ケアマネージャー過去問題トライの詳細はこちら

3.TEACHER LEVEL「訪問介護」の内容を他人に説明

今回学習した単元「訪問介護」を、 一緒に学習している友人や職場の同僚に説明してみましょう。

他人に自分の知識を説明するためには、 今得たばかりの知識が要領よくまとまっていないといけません。 最初は難しいですが慣れると簡単です。 また近くに友人や同僚が居ない場合はご両親や兄弟に聞いてもらっても構いません。

自分の知識方固めをするための最良の方法です。 今学習した内容の記憶が新しい間に是非お試しください!


無料ケアマネージャー講義トップページに戻る


ケアアネ合格のコツ

試験合格への3つのポイント
9割勉強して8割得点で合格!!

効率の良い勉強方法
3段階の学習レベル!!

勉強を継続させるコツ
勉強しなかった翌日が勝負!!

試験に合格する方法
過去問題の早期演習で合格!!

ベストウェイ運営サイト

株式会社ベストウェイ
〒561-0827
大阪府豊中市大黒町2-13−2
フリーダイアル:0120-992-588
TEL:06-6335-3288
FAX:06-6335-3289

TNJ運営サイト

(有)トータルネットジャパン
〒651-1301
神戸市北区藤原台北町1-1-4
TEL:078-984-4102
FAX:078-984-4122